睡眠

便秘改善には質のよい眠りが大事/便は寝ている間に作られる

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る




便秘の原因はいくつかありますが、睡眠不足も大きく関係しています。
忙しい現代人は睡眠が足りていない方が多いです。

睡眠不足→便秘という原因・悪循環を理解していただくとともに
画期的改善対策のご紹介が今日の記事です。

便秘改善には質のよい眠りが大事/便は寝ている間に作られる

睡眠 女性

夜はぐっすり朝はスッキリ!<GABA配合コーヒーで健康習慣>【カフェサプリ GABA】

便秘!夜寝ている間に腸は「便」を作っています。

あなたは寝ている間の腸はどうなっているかご存じですか?

実は腸は、寝ている間に身体に有効な働きをしているんです。
夜寝ている間に腸は「便」を作っています。

夕食に食べたものが腸に届き、翌日に便となって排出されるという仕組み。
いつもこんな働きをしていると良いのですがそうはなかなかゆかない。

どうでしょう、夕食後にお菓子など食べていませんか?
スナック菓子をつまんでその直後に就寝すると、胃は活発に動いているため、
腸は本来の働きをしなくなってしまうのです。

しかも、夜寝る前に食べてしまうと、次の朝お腹が空いていないので、
朝食も食べられなくるという不規則な悪循環に。
逆に胃を空にして寝ると腸をきれいにするホルモンが出やすくなるんです。

どうすれば良いかは言うまでもなく、
就寝前の2~3時間はものを食べないこと
(ダイエットでよく言う夜9時以降はものを食べないということがうなづけます)

こういう習慣をつけることで腸の働きが活性化されます。
便秘は解消、ダイエットも達成できる良い循環ですね。

夜はぐっすり朝はスッキリ!<GABA配合コーヒーで健康習慣>【カフェサプリ GABA】

便秘改善には質のよい眠りが大事/睡眠不足の影響

睡眠不足イラスト

あなたは睡眠をしっかり取れていますか。
自覚がなくても睡眠不足でしかも便秘で悩んでいるなら
睡眠を整えることが便秘の改善につながることがあります。

実は睡眠不足と便秘は密接な関係があるんですよ。

それは自律神経がかかわっています。
自律神経には活動モードを担う交感神経と、休息モードを担う
副交感神経の2種類があるのはご存知かと思います。。

昼は交感神経を優位にして活動し、夜は副交感神経を優位にして休息をすることで、
24時間コントロールされているのです。(便意はリラックスしている時に感じます

睡眠不足になると、起床するのが辛いですよね。
起きるのがギリギリで朝食を抜いて活動をスタートする人も多いのではないでしょうか。
でも排便は、朝食で胃腸に食べ物が入ることで消化が始まって、
腸を大きく動かすからもよおすのです。

睡眠不足だと朝食抜きになりやすく、朝の排便のタイミングを逃す可能性大です!

夜はぐっすり朝はスッキリ!<GABA配合コーヒーで健康習慣>【カフェサプリ GABA】

<まとめ>

便は寝ている間に作られます。
夜9時以降はものを食べない習慣をつけることで
腸の働きが活性化されます。
便秘は解消、ダイエットも達成できる良い循環です。

質のよい眠りを心掛けて便秘を改善してくださいね。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^





睡眠の質を高めよう♪GABA配合!おいしいカフェインレスコーヒー【カフェサプリGABA】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。