焼き芋

便秘解消に効果的な「さつまいも」と「長芋」、その理由と活用法

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る




便秘の解消・改善におすすめしたいのが「芋類」。
含まれるレジスタントスターチという成分が、とても有効なんですよ。

今日は、「さつまいも」と「長芋」に特化して
特長などをご紹介したいと思います。

便秘解消に効果的な「さつまいも」その理由と活用法

焼き芋・女性

国内トップクラスの含有量・有用成分イヌリン【菊芋粉末・極】

さつまいもは昔から便秘に効く食べ物として有名。
実はさつまいもだけでなく、芋類は全般・食物繊維が豊富に含まれていて、
便秘解消・改善・予防にいいんですよ。

芋類に含まれる食物繊維は主に不溶性食物繊維で、消化されずに腸に届きます。
便の量を増し、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を活発にしてくれるんです。

また、さつまいもを食べる時によくわかるあの繊維のスジが、
腸を刺激したり、老廃物などの有害物質を絡め取って、
便と共に排出してくれるというから素晴らしい。

食物繊維の豊富さにおいては、さつまいもが断トツ・トップです。

<さつまいもの主な効果・効能>

焼き芋2

国内トップクラスの含有量・有用成分イヌリン【菊芋粉末・極】

整腸作用、便秘の改善、免疫力向上、生活習慣病の予防、
疲労回復、美肌効果、高血圧の予防改善

さつまいもを切ると、切り口から白い液体が出てきますが、
これは「ヤラピン」という栄養成分で、腸の働きを整える整腸効果があります。

つまり、さつまいもは食物繊維ヤラピンの2つによって、
便秘改善に大きな効果があるわけです。

<芋類のGI値をご紹介>

さつまいもと同様にビタミンCが豊富なのがじゃがいも、
ヌメリのある山芋や里芋には、食物繊維の他にムチンという成分が含まれています。

これらは腸内環境を整えることに大いに役立ちます。
このように便秘解消に大活躍の芋類です!
(ただし、どんなものでも摂り過ぎは逆効果になりますので注意が必要)

じゃがいものGI値は「90」・山芋「75」・ 長芋「65」・里芋「64」・さつまいも「55

簡単にいえばこの数字が低いほど太りにくい食材
じゃがいもが太りやすく、さつまいもが太りにくいということが
お解りいただけると思います。

便秘解消に効果的な「長芋」その理由と活用法

長芋

国内トップクラスの含有量・有用成分イヌリン【菊芋粉末・極】

便秘の救世主として最近注目をあびているのが「レジスタントスターチ」というでんぷん。
便を柔らかくする水溶性食物繊維、便のかさを増す不溶性食物繊維の両方を含んでいて、
第3の食物繊維」と呼ばれているそうです。

レジスタントスターチは炭水化物に多く含まれていますが
圧倒的に多く含むのが「長芋」です。
さつまいもが1.1g(100g中)なのに対し、長芋には5.8gも含まれるというからスゴイ。

長芋でレジスタントスターチを効率よく食べるなら「生(なま)」に限る。
短冊や角切りにして卵・醤油をかけて食べると美味です。(お酒の肴によい)
茹でたりするとレジスタントスターチは半減するので気を付けたい。
すりおろしても減ります。

便秘やダイエットによい長いもですが、糖質を含むので食べ過ぎると太ることもあります。
長芋を食べる適量は、一日に100gほどです。

<長芋の主な効果・効能>

美肌・保湿効果 便秘予防効果 むくみ予防効果
血糖値の急上昇を抑える効果

国内トップクラスの含有量・有用成分イヌリン【菊芋粉末・極】

<まとめ

いかがでしたでしょうか。

芋類は食物繊維が豊富で便秘に役立つことが
お解りいただけたかと思います。

でもそんな食材でも芋ばかり食べるということではなく
便秘の解消には、主食・主菜・副菜がそろった
栄養バランスのよい食事を1日3回規則正しく食べることも大切です。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^





国内トップクラスの含有量・有用成分イヌリン【菊芋粉末・極】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。