【腸活】便秘改善には自分に合った方法を見つけることが大事!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る



ひと口に便秘といっても、その状態は人によって様々。
良いといわれる方法でも万人に効果がある訳ではありません。

便秘の改善方法はいろいろありますが、
自分に合った方法を見つけることが大事になってきます。

今日は5つの改善方法をご紹介しますので
どれが自分に合うか「2週間」ずつ試してみましょう。

【腸活】便秘改善方法①:ヨーグルト

ヨーグルト

たった2粒で乳酸菌数5000億【花菜の選べる乳酸菌】

自分に合った方法を見つけるにつけ、まずは王道のヨーグルトから。
(多くの方が経験済みかと思います)

市販のヨーグルトはたくさん出ていますから、
銘柄を変えて試してみるのも良い方法です

<便秘・ダイエットに効果なヨーグルトの本当の食べ方>

乳酸菌というと真っ先に浮かぶのがヨーグルト。
便秘に良いヨーグルトの食べ方を知らないと効果半減ですよ!
その、より効果的な食べ方をまとめてみました。

<便秘に良いヨーグルトを食べるタイミングは?>

朝食前とかはダメです!
空腹状態の胃は胃酸がたくさん出ているので
その状態でヨーグルトを食べると乳酸菌が胃酸によって
死んでしまうのです=効果(ゼロとはいいませんが)が弱まる。
(乳酸菌の死骸、これはこれで役に立つそうです)

「夕食後」に食べるのがベスト

朝食後や昼食後でも良いのですが、特に便秘改善のためにも
夕食後に食べるのが良い。腸のぜん動運動が活発になるのです。
摂取量のおすすめは、100g程度を毎日欠かさず食べること。

<ヨーグルトの効能>

整腸作用
・美肌効果
・免疫力強化
・インフルエンザの予防効果

・潰瘍性大腸炎の改善
・アトピー性皮膚炎の緩和
・コレステロール値の低下 など

【腸活】便秘改善方法②:ホットトマトジュース

ホットトマトジュース

たった2粒で乳酸菌数5000億【花菜の選べる乳酸菌】

私は冷たい飲み物が好きなので冷蔵庫で冷えたものを飲んでいましたが
さすがに寒い時期はホットトマトジュースがいい。

オリーブオイルを大匙1/2杯ほど入れるのがポイント。
(トマトに含まれるリコピンは温める事で油に溶け出し、吸収力が上がるから)
レンジで1~1分30秒ほどチンします。(いたって簡単^^

温めることでリコピンはパワーアップし、その力を最大限に引き出します。

ダイエットにももちろん良いですが、特に便秘に「効果」を発揮!
更に、コレステロールを下げる効果もあり。

<飲むタイミング>

朝夕2回飲むと良いトマトジュースですが
飲むベストのタイミングは「就寝前」!
就寝前に飲むとリコピンの能力を最大限に活かせます。
(午後22時~午前2時は、成長ホルモンが最も活発になる時間帯なんです)

<飲む分量>

飲む分量はカップ1杯分がおすすめです。
1日1、2杯を飲むだけで良い。

ダイエットや便秘に良いからといってがぶ飲みはいけません。
必要以上に飲むと下痢になることもあります。
(リコピンの含有量はジュース100mlあたり10㎎)

飲み過ぎると体重増になるので注意しましょう。
トマトジュースを1杯200mlが適量。

【腸活】便秘改善方法③:玉ねぎ氷

玉ねぎ氷

たった2粒で乳酸菌数5000億【花菜の選べる乳酸菌】

白っぽいのが「玉ねぎ氷」、黒いのが「えのき氷」です)

「玉ねぎ」は便秘改善効果が期待できます

玉ねぎ食物繊維が豊富ですから、便秘改善効果が期待できます。
私たちの強い味方の食材ですね。
特に玉ねぎには水溶性の食物繊維が豊富なので、
便を柔らかくして排便をスムーズにしてくれます。これは嬉しい^^

不溶性食物繊維は便のかさを増して、蠕動運動を活発にしてくれるのですが、
腸の働きが低下していると腸内に留まってしまうので、
かえって便秘を引き起こしたりもします。
ですから便を押し出す力の弱い女性などは、
水溶性食物繊維をたくさん摂った方が便秘が改善しやすいんですよ。

それから玉ねぎのオリゴ糖含有量は、野菜の中でもNO.1くらいに豊富。
オリゴ糖は腸内の善玉菌を増殖させて、腸内環境を整えてくれますから、
便秘改善にとっても有効なんです。

玉ねぎ氷も次に紹介するえのき氷も
冷凍で約2カ月保存ができるので、まとめて作っておくと便利です。

作り方は下記の記事内で紹介しています。

【腸活】便秘改善方法④:えのき氷

えのき

「えのき氷」で便秘改善

便秘改善、脂肪燃焼、コレステロール減少、血糖値改善、高血圧改善など、
健康効果満載のえのき氷。

えのきたけに含まれる「キノコキトサン」には脂肪の吸収を抑制するので、
ダイエットに効果的。その含有量はキノコ界ナンバー1です。
そのキノコキトサンを上手に効率よく摂取するために、
えのきたけをペーストにし、煮詰め、凍らせたのが「えのき氷」です。

「えのき氷」を味噌汁や煮物・炒め物などに凍ったまま入れるだけで、
生活習慣病の改善やメタボ予防や健康効果が注目を浴びています。
さらに、えのき茸をミキサーにかける前に、
約1時間太陽光に当てるだけでビタミンD2がアップしますよ!

【腸活】便秘改善方法⑤:ショウガココア

ショウガココア

たった2粒で乳酸菌数5000億【花菜の選べる乳酸菌】

ぽっこりお腹に効果的なショウガココア

ぽっこりお腹の原因は、「むくみ腸」にあります。
手足がむくみやすいように腸が余計な水分を含んでむくんだ状態を
「むくみ腸」といい、ぽっこりお腹の人のほとんどがむくんだ状態です。

ぽっこりお腹の原因は、腸が過剰な水分でむくむと重みで垂れ下がることにあります。
腸内環境の改善を図り、健康な腸にすること=ぽっこりお腹の改善につながります。

そしてこの改善に大きな効果をもたらすのが「ショウガココア」です。

ショウガに含まれるショウガオールという成分は腸の血流をよくする働き がありまして、
更にココアに含まれるココアフラバノールという成分は腸の血管を広げ、
血流を良くする働き があります。
ショウガが血流を促し、ココアが広げてくれるので、
この2つの相乗効果で腸の血流が改善するという仕組みなのです。

ココアに含まれる食物繊維とショウガによる腸の蠕動運動の促進便秘は改善される。
冷えは便秘によくないですからショウガココアでポカポカ温まるといいですね。

ショウガココアの摂り方は下記の記事内で紹介しています。

<まとめ>

便秘が改善される自分に合った方法を見つけるのは簡単ではありません。
でも、その作業はとても大事。

ヨーグルト、ホットトマトジュース、玉ねぎ氷、えのき氷、
そしてショウガココアと興味を抱いたものから(2週間ずつ)始めてみましょう。
何らかの手掛かりがつかめるかと思います。

考え込むより実行です!

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^





花菜の選べる乳酸菌【2種類のサプリを飲み分ける全く新しい乳酸菌】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。