便秘改善に「甘酒」が効果的、その理由から飲むタイミングまで!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る



秋が次第に深まってゆきますね。
寒くなってくると美味しいのが「甘酒」。

この甘酒が便秘改善に良いと知ったら飲まない手はありませんよね。
今日は、甘酒の効果・効能からいつ飲むかという
おすすめのタイミングまでお話したいと思います。

便秘改善に「甘酒」が効果的、主な効能について

甘酒イラスト

米と米麹だけで作った、無添加甘酒はコチラから

甘酒が大好きな私。
熱いものも冷えたものも好きなんです。
主に冬に飲みますが、最近では季節に関係なく
スーパーに置いてありますよね。
その甘酒が便秘に効果的となると放ってはおけません^^

<甘酒のすばらしい効果・効能>

甘酒の主な効能を挙げると・・・

便秘を改善し、血液中の中性脂肪やコレステロールを減らす

・健康な筋肉と内臓を作る

・美容効果 などがあります。

甘酒の便秘改善効果は、
豊富に含まれる食物繊維によるものです。
りんごが1.5gなのでおよそ3.5倍にもなるそうです。
食物繊維は腸の中の善玉菌を増やす働きがあるので、
腸内環境を改善してくれます

ヨーグルトや牛乳を加えても美味しい

甘酒は昔ながらのじんわりとした優しい甘さと適度なとろみが特徴です。
ヨーグルトを加えたり、牛乳で割ったりしても美味しく飲めます。
酸味が加わったり、とろみが薄まることで飲みやすくなります。

便秘改善、甘酒はいつ飲む?飲むタイミングについて

甘酒 女性

米と米麹だけで作った、無添加甘酒はコチラから

甘酒はいつ飲む?飲むタイミングは、

甘酒はに飲むのが最も効果的!」です。コレ、結論

その理由は朝の排便と関係があります。
前の日に食べた物を消化吸収して大腸で便は作られます。
翌日はまた食べ物を食べるので、朝起きたら便が出る体を作ることができれば最高。

朝の便のために甘酒を飲むことが大事
これは甘酒に限らず朝起きて食べ物をお腹に入れると、
腸の活動が始まって便が出やすくなります。

水でもOKですが甘酒は「飲む点滴」といわれるほど
ビタミンB類やアミノ酸などの体に必要な栄養素が詰まっています。

甘酒には食物繊維も含まれているので便が出るだけではなく、
良い便が出ることの手助けにもなります。
一回に飲む適量は100㏄を目安に!

便秘だと腸内の悪玉菌が増殖して体の不調を招きやすいので注意が必要です。

甘酒は朝に飲むとカロリー補給にもなるので。
時間がない時など朝食代わりに飲むのもひとつの方法。

夜飲んでいけないということはありませんが、
甘酒は栄養価が高い分そこそこのカロリーがあります。
夜寝る前に飲むと栄養分がそのまま脂肪になってしまうことも
あるので気をつけましょう。

便秘改善に「甘酒」が効果的、米麹のものが好ましい

米麹

米と米麹だけで作った、無添加甘酒はコチラから

甘酒には「米麹(こめこうじ)」から作られたものと
酒粕」から作られたものの2種類あります。
原料や製造過程が違うので、飲んだ時の効果や効能も異なってきます。
よく「飲む点滴」といわれるのは「米麹の甘酒」です。

麹菌による醗酵の際、お米のでんぷんはブドウ糖やオリゴ糖に変換されます。
疲労回復にとっても効果的なので「飲む点滴」といわれる訳ですね。

酒粕の甘酒は酵母醗酵の段階でブドウ糖がアルコールになるので、
疲労回復効果はあまり望めません。
でも、たんぱく質や炭水化物・食物繊維・ミネラルなどの栄養素が豊富なんですよ。

効能については米麹の甘酒はダイエット・便秘改善に、
酒粕の甘酒は美容向きと考えて良いと思います。

米麹の甘酒は醗酵によって糖が作られるから
加糖をしなくても自然な甘み があります!
カロリーは控えめ ということになりますね。

一方の酒粕の甘酒は糖が含まれていないので、
砂糖を入れて甘くして飲みます。。
砂糖を入れて加糖した分カロリーが高め になり、
ダイエット向きとはいえないのです。

ブドウ糖は満腹感を、オリゴ糖は腸を整えて便秘を改善してくれます。

以上のことから、「米麹の甘酒はダイエット・便秘改善にいい」となります。

米と米麹だけで作った、無添加甘酒はコチラから

benpitaiken.site
http://benpitaiken.site/2020/10/16/genin-taisaku/
http://benpitaiken.site/2020/10/16/genin-taisaku/
不快な便秘を解消するヒント!便秘解消・改善に有効な情報&ダイエットのこともご案内します

<まとめ>

便秘と甘酒の関係をお話しました。

甘酒を飲むタイミングは、「朝に飲むのが最も効果的!」です。
夜に飲むのも悪くはないのですが、
夜寝る前に飲むと栄養分がそのまま脂肪になって太る可能性があります。

基本的なこととして、便秘の改善目的なら「米麹」の甘酒が適しています。
(酒粕の甘酒は美容目的にはよいです)

この秋から朝に米麹の甘酒を飲む習慣にしてはいかがでしょうか。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^





【遠藤酒造場】モンドセレクション13年連続金賞受賞蔵より日本酒・甘酒を全国へ直送

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。