便秘のタイプ別原因と対策&生活習慣を見直して便秘改善を図ろう

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る



便秘のタイプには、弛緩性(しかんせい)便秘、痙攣性(けいれんせい)便秘
直腸性便秘、症候性便秘があります。
それぞれの原因と対策を箇条書き的に解りやすくまとめました。

また、便秘解消で全般的に言えるのは生活習慣を見直すことが大事。
そのポイントも書きましたので参考にしてくださいね。

便秘のタイプ別原因と改善対策

便秘のタイプ

スッキリ出来ない女子必見!完熟アロエまるごと純粉

1.弛緩性便秘腸の蠕動運動が弱くなると、便は水分を吸収されすぎて硬くなります。
  高齢者や痩せ型の女性、そして便秘薬の長期服用者に多くみられる。

   対 策:お薬の服用をやめ、玄米菜食にすることが重要かつオススメ!

2.痙攣性便秘生活環境の変化など神経の緊張が続き、腸の蠕動運動が強すぎて便通が悪くなる。
        兎糞状の便になりやすく、肥満型の壮年男性や過敏症大腸症に多いのが特徴。

   対 策:ストレスを取り除き、精神的にリラックスすることに加えて食生活の改善が重要。

3.直腸性便秘:トイレを我慢する習慣のある人や、下剤や浣腸を日頃からの多用により、
        直腸の反射が鈍くなって便意を感じなくなるために起こります。
        また痔など肛門に痛みがある場合にも起こる。

   対 策:玄米菜食を摂り、規則正しい排便リズムをつくることが大切ですよ。

4.症候性便秘:大腸ガン、腸重積、クローン病などの腸の病気などに起因するもの  

   対 策:これはもう、すみやかに専門家の診断を受けることが必要です。

生活習慣を見直して便秘改善を図る

生活習慣
生活習慣を見直そう

スッキリ出来ない女子必見!完熟アロエまるごと純粉

便秘解消を速やか行なうには、早食いや暴飲暴食などで、
なるべく大腸に負担のかかる食事は控え、腸内環境を整えることが大切。

適量でバランスの取れた食事と、たくさんの水分を一緒に摂ることも大事。
水分が不足すると代謝が下がり、老廃物の排出がうまくできなくなります。

生活習慣を見直し、規則正しい食生活を行うことで、
大腸の蠕動(ぜんどう)運動の働きを良くすることが大切なんです。

排便のゴールデンタイムって!?

排便のゴールデンタイムっていうのがあるそうです。
ご存じの方も多いかもしれませんが、

“それは一日の中で最も大きなお腹の運動が起こりやすい
朝食後」のタイミングです”。

ここで便意を感じるといいんですけどねぇ。
でも本来の排便リズムが崩れるのを防ぐことは大事です。

朝食は決まった時間に食べる
朝食後もゆとりある時間をもつこと」が快便につながるとのこと。

時間ってとっても大切のようです。
考えてみれば規則正しい食事に要約されますね。

そして「運動」も大事。
日頃から運動を全くしないでいると体全体の筋力が低下し、
排便にとって重要なお腹やお尻の筋肉も不足しがちになりますよ。
できることから心掛けてゆきましょう。

お通じが良くなる便秘改善食材

キムチ

梅干し、キムチ、キャベツ、セロリ、漬物、納豆などを始めとして、

水溶性食物繊維を含む、大麦、アボカド、海藻類、寒天、こんにゃく
不溶性食物繊維を含む、きのこ類、豆類、ゴボウ、切り干し大根などを
食事に取り入れると食生活が改善されてゆきます。

・「不溶性食物繊維」のみをたくさん摂り続けると
  硬く固まった便の量だけが増えて便が出にくくなるので注意が必要。

・今の時期に便秘に効果的なものには、サンマ・松茸
  栗・りんご・ぶどう・さつまいもなどがあります。

スッキリ出来ない女子必見!完熟アロエまるごと純粉

<まとめ>

便秘には大きく分けて4つのタイプがあることをご紹介しました。
自分がどのタイプかの判別は難かしい点もあるかと思います。
慢性の便秘で辛い悩みを抱えている方は専門医に相談すると良いでしょう。

それから個々にできることは乱れた生活習慣の改善です。
とても大事なことなので心掛けてくださいね。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^





毎日スッキリで幸せ!【完熟アロエまるごと純粉】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。