便秘で悩む女性

便秘の中で最も多い弛緩性便秘!その具体的解消法はこれだ!?

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

私のお通じ状況は2日に1回ほど。
運動不足解消も兼ねて便秘対策として腰回し運動や
足腰を鍛えるスロースクワットなど行っています。

便秘でお悩みの方の多くが弛緩性便秘というタイプ。
今日は、この弛緩性便秘の原因から具体的解消法まで
ご紹介しますね。

便秘の中で最も多い弛緩性便秘について

便秘

初回半額<生漢煎防風通聖散>

今日は弛緩性便秘について触れてみました。

弛緩性便秘とは・・・

  便秘の中で最も多い症状です。
  筋力の低下などにより、腸の動き(ぜん動運動)が
  鈍くなったことで起こる便秘です。
  腸内に便が長時間とどまるため、
  水分が吸収されてどんどん固くなり、
  ますます出にくくなるという悪循環を生みます。

弛緩性便秘の具体的解消法はこれだ

① 水分はたっぷり摂る

  便をやわらかくして出やすくするため。
  寒い日は温かい飲み物を飲む。
  白湯(さゆ)が絶対的にオススメ。(常温の水も良い)

  コーヒーなどは利尿作用があるので好ましくないです。

白湯

起床したら、まず1杯の水を空腹時に飲むことをおすすめします。
常温の水か白湯(さゆ)が良いですね。
 お水か白湯かは好みでどちらを選んでもOK。
このことにより、腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり排便が促されます。

<水は一気飲みしないこと>
効果を得る為には、一気飲みは避け、「噛むように一口ずつ飲む」のが理想。
同じ水でも便秘解消効果が高まります。
水の摂取と合わせて朝食を摂ることも大切ですよ。

初回半額<生漢煎防風通聖散>

② 香辛料、酸味、脂質を適度に摂る

カレーライス

  香辛料や酸味は排便を促し、脂質は便のすべりを良くする。
  便秘解消にはカレーが効果的。
  カレーには水溶性の食物繊維が豊富に含まれている。
  カレーの香辛料やスパイスには水溶性食物繊維が
  豊富に含まれているため便秘解消に効果的。

快便のためには糖質も必要なんです!

糖質は主にご飯などの炭水化物から摂りますが、
この炭水化物は消化・吸収される糖質と、
消化されずに排出される食物繊維からなります。

炭水化物を食べる量を減らすと、食物繊維の量も減ってしまい便秘になります。
また糖質は腸内で発酵しやすく、腸の蠕動運動を促す働きもあります。
ですから便秘気味の時は、はちみつや水あめを少量なめるのも良いでしょう。

スッキリと出るためには「脂質」も必要!
ビールには便秘解消効果がある!ということも併せて覚えておいてね。

③ 野菜や海草類は積極的に取り入れる

  野菜や海草類に含まれる食物繊維は便のかさを増やし
  便通をスムーズにする効果あり。
  ゴボウ・セロリ・大根・じゃがいも・サツマイモ
  ブロッコリー・インゲン豆など良いですね。

「腸のお掃除」:ところてん

ところてん

初回半額<生漢煎防風通聖散>

低カロリーの代表選手のひとつが「ところてん」。
100グラム当たりのエネルギーはわずか2kcal 。
ダイエットにはとっても向いている食材ですね。
主食であるご飯を置き換える「ところてんダイエット」
なんていうのもあるとのこと。

でも“栄養ってあるの”と思われがちですが
ダイエット以外にも、たくさんの健康効果があるそうです。

■便秘が解消する

ところてんは原料の天草・海藻を精製して作られたもの。
腸内環境を整える食物繊維が豊富に含まれています。

一般的に、食物繊維は体に吸収されにくく、
吸収を促すには水分を一緒に摂取することが必要ですよね。。

ところてんは、その9割以上は水分でできているので、
ところてんを食べるだけで、お通じが良くなるわけです。

腸のお掃除にはもってこいですね。

④ 3食きちんと食べる  

  無理なダイエットで過度に食事量を減らすと
  便の量も減るために便秘になりやすい。

  これは案外できていない人が多く、
  朝食を抜いたりとか経験ありませんか?
  3食きちんと食べること、できればいつも同じ時間に食べることって
  便秘だけでなく健康のためにもとっても大切なんですよ。

<まとめ>

便秘の中で最も多い弛緩性便秘について説明しました。
具体的解消法を大きくまとめると
「水分はたっぷり摂る」「香辛料、酸味、脂質を適度に摂る」
「野菜や海草類は積極的に取り入れる」「3食きちんと食べる」でした。
いずれも難かしいことではないので、心掛けてくださいね。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。