冷水

便秘解消に朝1杯の「冷水」は逆効果&温トマトジュースのススメ

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

便秘解消を図るのに水分をたっぷり摂ることは良いことです。
これからの夏は熱中症対策にもなりますしね。

ただ、便秘解消で考えた場合「冷水」を飲むのはNGなんです。
今日は、そのあたりの説明と飲むと良い温トマトジュースのお話です。

便秘解消に朝1杯の「冷水」は逆効果

便秘の原因の一つに水分不足があります。
特に生活習慣から起こる機能性便秘には十分な水分を摂ることが大事。

一日2リットルくらいの水分を摂ることは大事とよくいわれますが、
その多くは大腸で吸収される。
適度な軟らかさを保つ便を作るには食物繊維の力が欠かせません。
食物繊維を充分に摂ることで水分の働きは生きてきます。

水分は大事なのですが「冷水」を飲んでいませんか!?
これからの暑い時期は冷たい水が美味しいですから飲む機会も多いですよね。

朝、コップ一杯の水を飲む”というのは、
腸を目覚めさせてくれるために決して悪いことではありません。
 
しかし、冷水だと腸をはじめとする内臓が冷えてしまい、
働きが低下することもあります。
便秘や下痢の原因になってしまうことがあるんですよ。

朝イチの冷水は腸を刺激して便秘に良いというのは誤りです。
常温」の水の方が好ましいのです。

新発売!管理栄養士監修のベジ活スープ食!

白湯

とにかく身体を温める(冷やさない)ことが大事です。
  (ダイエット的にも冷えると代謝が落ちます)
だから寒い冬は体が冷えるから便秘になりがちなんですよね。

ホットドリンク、温かい食事、入浴などで身体を温めることが大事。
もちろん「白湯(さゆ)」を飲むことは好ましいですよ。

便秘解消にオススメの温トマトジュース

温トマトジュース

新発売!管理栄養士監修のベジ活スープ食!

暑い季節は冷たいものが美味しいですが、便秘解消には禁物なんです。
温トマトジュースがベストで効果的です。

オリーブオイルを大匙1/2杯ほど入れるのがポイント。
朝晩の温トマトジュースで計大匙1杯のオリーブオイル・理想的な量
(トマトに含まれるリコピンは温める事で油に溶けだし、吸収力が上がるから)
レンジで1~1分30秒ほどチンします。いたって簡単^^

温めることでリコピンはパワーアップし、その力を最大限に発揮。
オリーブオイルを摂り過ぎると太るので注意しましょう。
すりおろしショウガをプラスするのも効果的。

ショウガ&オリーブオイル

オリーブオイルと加熱でトマトジュースの効能が増します。
(レンジでの多少のチンで栄養が壊れることはないそうです)

ダイエットにももちろん良いですが、特に便秘に効果があります!
更に、コレステロールを下げる効果もあり。

朝晩2回飲むと良いトマトジュースですが
飲むベストのタイミングは「就寝前」!
就寝前に飲むとリコピンのダイエット能力を最大限に活かせます。
 (もちろん、便秘にも良いですよ)

新発売!管理栄養士監修のベジ活スープ食!

<まとめ>

いかがだったでしょうか。

冷水を飲む習慣のある方は、便秘解消では考えを改めてくださいね。
お水を飲むなら「常温」、そして白湯が便秘には適しています。

温トマトジュースもご紹介しました。
体も温まり便秘効果が大きいのが特長です。
オリーブオイルやすりおろしショウガをプラスすると
効果がアップするので試してみてくださいね。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^





宅配健康食で有名なウェルネスダイニングから新提案!管理栄養士監修の『ベジ活 スープ食』
新発売!管理栄養士監修のベジ活スープ食!
宅配健康食で有名なウェルネスダイニングから新提案!
1食で1日に必要な野菜の半分を摂取できる『ベジ活スープ食』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。