ミルコロエイジングヨーグルト-3

便秘解消に効くヨーグルト、食べ方やタイミングについて

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

便秘解消に効くヨーグルト、食べ方やタイミングについて

乳酸菌というと頭に浮かぶのがヨーグルト
そのより効果的な食べ方をまとめてみました。

ヨーグルトは食後に食べるのが良い!

朝食前とかはダメ!
空腹状態の胃は胃酸がたくさん出ているので
その状態でヨーグルトを食べると乳酸菌が胃酸によって
死んでしまう=効果が弱まる。
(乳酸菌の死骸、これはこれで役に立つそうです)

便秘解消に効くヨーグルト、特に夕食後に食べるのがベスト!

夕食

【ミルコロエイジングヨーグルト】完全数量限定生産

朝食後や昼食後でも良いのですが、特に便秘解消のためにも
夕食後に食べるのが良い。腸のぜん動運動が活発になる時間帯だから。
摂取量のおすすめは、100グラム程度を毎日欠かさず食べること

食物繊維と一緒に食べると一層良い→果物では生よりドライフルーツが最強!

ヨーグルト以外の乳酸菌を食べる最強の食べ方。
納豆・キムチ・チーズとの組み合わせ。
器の温かいご飯の上チーズを乗せ、更に納豆・キムチも入れて混ぜて食べます。

ヨーグルトは夕食後が最強」と覚えておきましょう。

便秘解消に効くヨーグルトや納豆・キムチ等の伝統発酵食品は強い味方!

納豆

【ミルコロエイジングヨーグルト】完全数量限定生産

便秘解消といえば食物繊維が有効ですが、
発酵食品に含まれる乳酸菌も便秘解消に良い結果をもたらします。

乳酸菌を摂ることで腸の中の善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれます。
善玉菌自体の生命力はあまり強くないので、毎日でも摂取することが大事

では、発酵食品にはどんな食品がある?

まず筆頭にあがるのが「納豆」、そしてヨーグルト
キムチ・酢などのほかにもナチュラルチーズ味噌があります。

いずれも腸内環境を整えて便秘を解消する働きがあるので
積極的に摂りたいところ。

発酵食品は食物繊維と組み合わせることで、より便秘解消効果を発揮。
腸内環境を整えることが、慢性的な便秘も改善へと導きます。

便秘解消に天然のオメガ3配合ミルコロエイジングヨーグルト

ミルコロエイジングヨーグルト
2層でレアチーズのような濃厚クリーム層とトロリとしたヨーグルト層に分かれていて
新食感にこだわりぬいた自家製造品です。

★ナチュラルなオメガ3が摂れる奇跡のヨーグルト

ヨーグルトからナチュラルなオメガ3が摂れる技術は独自の技術の為、
美容に気を遣っている方に大変オススメです。
またジャージー牛から搾乳している為大変美味しいです。

★1瓶で約6兆個の乳酸菌

通常のヨーグルト3000個分の乳酸菌が200mlに入っています。
環境を整えるのに欠かせない乳酸菌がスプーン一杯でも十分摂取できます。

【ミルコロエイジングヨーグルト】完全数量限定生産

<まとめ>

・ヨーグルトは食後に食べるのがベスト!
・摂取量のおすすめは、100グラム程度を毎日欠かさず食べること。
・ヨーグルトは食物繊維と一緒に食べると一層効果的。

便秘解消に天然のオメガ3配合ミルコロエイジングヨーグルトもおすすめです。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。