便秘解消に漢方を取り入れて30日の私の体験談、スッキリできたか?

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

漢方薬・生漢煎防風通聖散(しょうかんせんぼうふうつうしょうさん)を
30日飲んでの私の体験談です。

ダイエットの成果は?便秘解消は?という経過・結果報告が今日の主な記事です。
防風通聖散に興味を抱いている方もいらっしゃるかと思いますので
ご参考になれば幸いです。

便秘解消に漢方を取り入れて30日の私の体験談

生漢煎防風通聖散

試してみる価値あり!初回半額<生漢煎防風通聖散>

この漢方お薬はサプリと違って「効果」を謳えるのが特長です。
効果があったかどうかはとても解りやすい。

私の場合は、30日飲んで出なかったのはたった三日だけです。

漢方薬・防風通聖散を飲み始めた翌日からお通じがあって途切れることなく朝に快便。
ただ懸念されるのは二週間ほど快便だったその後は、
少しリズムが狂った感じもありました。朝だったお通じが午後とかに変化。
それでも二日お通じがなかったことはありませんでした。
でも、これってすごくないですか。

お腹が痛くなったり下痢だったとかは一切ありませんでした。
一日に二回のお通じというのは一回しかなかったですね。
防風通聖散を飲む前に愛飲していた便秘茶よりも良好と思います。

ダイエットも謳っているこの漢方ですが、痩せるということはなかった です。
でも便秘についてはとても良い結果だったので
悩んでいる方は試してみる価値ありでおすすめです

便秘解消、漢方薬はなぜ食前・食間がいいか

生漢煎防風通聖散

試してみる価値あり!初回半額<生漢煎防風通聖散>

漢方薬を飲むタイミングは食前(食前30分程度)
または食間(食後2時間程度)の空腹時が良いといいますよね。
なぜ、空腹時の服用が推奨されているのでしょうか?

漢方薬の吸収ということが関係しています。

理由は2つあって、

1.配糖体(はいとうたい)といわれる成分は
  腸内細菌によって分解されることで、体内に吸収されます。
  食後だと配糖体の分解が促進されないので
  漢方薬の吸収が悪くなるのです。

2.漢方薬の成分の中には、食後の方が吸収が良くなりすぎて
  副作用が起こりやすくなるものもあるから。
  空腹時に飲むことで副作用を軽減できる!

便秘解消!漢方薬の素朴な疑問あれこれ

漢方薬
・漢方薬はいつまで飲めば良いか?

  漢方薬を飲んで症状が良くなったと感じても
  病気が治ったとは限りません。
  飲むのを止めるとまた調子が悪くなることも多いので
  自己判断での中止はタブーです。
  医師や薬剤師の判断を仰ぐことが必至!

・漢方薬の効果はどのくらいで出るか?

  各人の症状や状態で異なってきますが
  一般的には症状改善は1か月くらいでされることが多い。
  また、改善が見られた場合は継続して飲むのが良いようです。

・漢方薬と他の薬を一緒に飲んでもいいの?

  医師から処方されている漢方薬の場合は
  諸々のことも考慮してのことですから問題ありません。
  
  他の薬との併用は注意が必要なものもありますから
  これは事前に医師にお伺いをたてるべきです。

・なかなか改善の兆候がみられない時は?

  漢方薬の効果の判断の目安は、1~2か月です。
  変化がみられないようであればかかりつけ医に相談しましょう。

更に私のように晩酌をする者にはアルコールとの問題もありますが、
基本的には漢方薬に飲酒に関するご注意点はないようです。
ただし、飲酒自体が体に影響を及ぼすこともあるのでご注意を!

試してみる価値あり!初回半額<生漢煎防風通聖散>

<まとめ>

私の飲んでいる漢方薬・生漢煎防風通聖散は30日の間で
出なかったのは三日だけと好調で効果がありました。
一方、ダイエットについてはいい結果が得られませんでした。

辛い便秘でお悩みの方は試してみる価値ありです。
漢方薬の効果があったかどうかは1~2か月飲んで判断すると良いと思います。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。