釜玉うどん

便秘解消・改善、「うどん」や「納豆」が効果的な理由をご存知ですか!?

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る




バレンタインデーの贈り物に

こんにちは。

風邪が流行っているようですが、皆さん大丈夫でしょうか?
乾燥状態が続いていますから治りにくいですよね。

さて、そんな体力が少し落ちている時に良いのが、
うどんであり納豆です。
今日は、それらが便秘に良い という内容の記事です。

どうぞご参考になさってくださいね。

元気になるとろろ芋・納豆入り釜玉うどん

冷凍うどんがあったので釜玉うどん を作りました。
トッピングは、とろろ芋・納豆・青ネギ・削り節、そして卵
醤油で食べますが、これが実に旨い。元気も出ます^^

気の向くままに「便秘 麺類」とワードを入れて調べてみました。
お腹の調子が悪いときにはラーメンやパスタ控えた方が良いようです。

毎日スッキリ習慣へ【やまとなでしこ】

では、何ならいいの?

それは「うどん」です!!

まず、うどんは消化に良い麺類であるということ。
便秘中にもおすすめです。

特に軟らかく煮こんだうどんは胃腸にとても優しいです。
 (天ぷらとか乗っていない方が好ましいですね)

うどんが便秘に良い理由・・・

かけうどん

便秘は体内の水分が足りていなくて起こることが多いです。
しかしうどんには水分が含まれているので、適量の水分を摂れることで
便秘が解消されやすくなります。
(便秘で疲れた胃腸には負担のかかる食べ物は良くありません)

うどんは胃腸を休ませることができます。
これは蠕動運動が活発となることにつながります。

安くて美味しくて体にとって嬉しいメリットのあるうどん。
是非便秘の際にはうどんを食べてみてはいかがでしょうか^^

便秘解消に効果大の「納豆」は夜に食べると良い

納豆スパ

毎日スッキリ習慣へ【やまとなでしこ】

食材不足の際の、お助け「納豆スパ」

<メイン材料>スパゲティ乾麺・納豆・卵黄・長ネギ
正直言ってちょっと食べにくいですが美味しいですよ。

ダイエットに納豆と言うのは何となくうなづけるのですが、
便秘と納豆」について調べてみました。

納豆はご存じの通り納豆菌で大豆を発酵させた食品です。
納豆にはオリゴ糖食物繊維が豊富に含まれていますから、
この2つが便秘解消に大変効果的なんだそうです。

オリゴ糖はそれ単独でもサプリとして多数販売されていますよね。
腸内の善玉菌を活発にしてくれる糖分なんです。

また納豆(50g)に含まれる食物繊維はリンゴ一個よりも多いとのこと。
意外な発見でした。

更に納豆には腸内の悪玉菌を抑える働きのリノール酸も含まれています。
オリゴ糖と一緒に摂取すると一層効果があります。

毎日スッキリ習慣へ【やまとなでしこ】

<納豆を摂るポイント>

・便秘の人は納豆を夜食べよう
・目安は週に3回

バリエーションとしてはキムチや大根おろしを混ぜる、
我が家では刻んだ白菜漬けやたくあんを混ぜていました。
是非とも積極的に食べましょうね^^

今日も最後までお読みいただき有難うございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。