釜玉うどん

便秘解消・腸内環境改善に伝統発酵食品の納豆を積極的に取り入れよう

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。

寒いので納豆と揚げ玉で釜玉うどん を作りました。

あれこれご馳走が続いたあとは、
素朴な納豆や焼いたイワシ・明太子でご飯などがいいですね。

作ったのは納豆入り釜揚げうどん。
トッピングは、卵・納豆・揚げ玉・青ネギ。
栄養も摂れて美味しかったです

今日は便秘解消に有効な伝統発酵食品の納豆のお話です。

便秘に有効な伝統発酵食品のちから

納豆

納豆菌配合サプリメント【やまとなでしこ】

便秘といえば食物繊維が有効ですが、
発酵食品に含まれる乳酸菌も便秘に良い結果をもたらします。
乳酸菌を摂ることで腸の中の善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれます。
善玉菌自体の生命力はあまり強くないので、毎日でも摂取することが大事

では、発酵食品にはどんな食品がある?
まず筆頭にあがるのが「納豆」、そしてヨーグルト
キムチ・酢などのほかにもナチュラルチーズや味噌があります。

いずれも腸内環境を整える働き があるので
積極的に摂りたいところ。
発酵食品は食物繊維と組み合わせることが一層良いです。
腸内環境を整えることで、慢性的な便秘に対処。

納豆はいつ食べるのがベスト?

納豆

納豆菌配合サプリメント【やまとなでしこ】

ダイエットに納豆と言うのは何となくうなづけるのですが、
便秘と納豆」について調べてみました。

納豆はご存じの通り納豆菌で大豆を発酵させた食品です。
納豆にはオリゴ糖食物繊維が豊富に含まれていますから、
この2つが便秘の悩みに大変有効なんだそうです。

オリゴ糖はそれ単独でもサプリとして多数販売されていますよね。
腸内の善玉菌を活発にしてくれる糖分なんです。
また納豆(50g)に含まれる食物繊維はリンゴ一個よりも多いとのこと。
意外な発見でした。

更に納豆には腸内の悪玉菌を抑える働きのリノール酸も含まれています。
オリゴ糖と一緒に摂取すると一層好ましいです。

納豆を摂るポイント
・便秘の人は納豆を食べよう
・目安は週に3回

バリエーションとしてはキムチや大根おろしを混ぜる、
我が家では刻んだ白菜漬けやたくあんを混ぜていました。
是非とも積極的に食べましょうね^^

新年は納豆菌で毎日スッキリ習慣へ【やまとなでしこ】

やまとなでしこ
日本古来の菌活 納豆菌で毎日スッキリ習慣へ

やまとなでしこは1g中に最大2,000億個の納豆菌を凝縮
\\2粒で納豆4パック分の納豆菌が入ってます!!//

納豆菌配合サプリメント【やまとなでしこ】

昔の人はすでにやっていた?
腸に生きたまま届く「納豆菌 」× 3麹菌で熟成発酵「寿穀麹」

乳酸菌は生きたまま奥まで届かない… そこで納豆菌!!!
胃酸の中に入ると芽胞(がほう)というバリアで 生きたまま腸まで届きます!

今なら”初回特別価格 約85%割引の980円”で納豆菌のスゴさを実感できちゃいます

臭いが気になる方でも気軽に摂取できるように
やまとなでしこはカプセルに特殊加工をほどし臭いをプロック!!
カプセルも小さめでスルッと飲めちゃう!
1日2~6粒が目安(本当は4粒以上がおすすめ

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^





納豆菌で毎日スッキリ習慣へ【やまとなでしこ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。