調剤薬局

便秘薬選びはクセになりにくく副作用の少ない非刺激性便秘薬がおすすめ!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。

以前テレビで「便秘」を取り上げていた時のお話。

60台女性のケースを例に再現映像で紹介。
女性は長年便秘に苦しんでいて考えた末に薬局で便秘薬を購入。

規定の2錠を飲んでいたが徐々に効果も薄れ
何と6錠も飲み始めた。そんなある日、倒れて救急搬送に。
女性が飲んでいたのは「刺激性便秘薬」でした。

今日は、便秘薬のお話。
せっかくならクセになりにくく副作用の少ないお薬が良いです。

どうぞ最後までお読みいただき参考になさってくださいね。

有名な先生登場で便秘の新常識を紹介

便秘の新常識とは・・・

① 排便は週に3回あれば大丈夫

② 刺激性便秘薬を飲むなら週2回までに留める

  長期間飲まない。

③ 腸にやさしい便秘薬もある→『非刺激性便秘薬

  よく解らない時は薬剤師さんに尋ねてほしいとのこと。

できるだけ非刺激性便秘薬が良いようですね。

・刺激性は長期使用には向かないが、慢性的な便秘にも効くものが多い。
・非刺激性は刺激性に比べ効果が弱いが、副作用は少なく、クセになりにくい

便秘好調の非刺激性便秘薬とマグネシウム

私がかかりつけの内科クリニックから処方されているのが
酸化マグネシウム錠です。
強さは3ランクくらいあるようですが、私のは最も弱いもの。
これがすごく調子いいです。
(一日3回飲む処方ですが昼は飲み忘れることが多い。
  それでも特に朝に快便が多く、便秘解消は好調

どうやら、この「マグネシウム」がポイントのようですね。

マグネシウムは必須ミネラルで骨や歯の形成に必要なミネラル。
多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けて、
血液循環を正常に保つために働いてくれます。

便秘解消に冷水を飲むならマグネシウムを含む「硬水」がオススメと
よく言われます。
マグネシウムやカルシウムが多く溶け込んでいるようです。
マグネシウム→便を軟らかくする効果

大正製薬の【第3類医薬品】コーラックMg 100錠のご購入は、コチラから

今が旬のほうれん草にも含まれるマグネシウム

ほうれん草
ほうれん草の茎の赤い部分、捨てていませんか?
私はいつも食べています^^

実は赤い部分に一番栄養価と旨味がつまっていて、
便秘」にもオススメなんだそうです。
赤い部分にはマグネシウムが多く含まれているのです。

便秘解消を目指す方は、、
赤い部分を捨てずに摂取するうよう心がけましょうね。

「マグネシウム」が便秘解消に効果的とうことが
お解りいただけたかと思います。

マグネシウムを配合した便秘薬

マグネシウムを配合した便秘薬

そこでおすすめしたいのが、
非刺激性成分酸化マグネシウムを配合した便秘薬
大正製薬の「コーラックMg」

大正製薬の【第3類医薬品】コーラックMg 100錠のご購入は、コチラから

「コーラックMg」は、
酸化マグネシウムが腸に水を集め、固くなった便をやわらかくすることで、
効果をあらわす便秘薬です。

成分(6錠中)酸化マグネシウム 1,980mg
添加物:セルロース、クロスカルメロースNa、ステアリン酸Ca

発売日2019年4月1日

やわらかい便にして出したい方は、是非お試しくださいね。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。