便秘解消!腸内環境を整える発酵食品、納豆やヨーグルトについて

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。

今日も晴れていい天気ですね。
でも起床時は寒かったのでエアコン暖房は全開でした。

さて、発酵食品が体に良いというの何となくお解りと思いますが、
その中の「納豆」と「ヨーグルト」について
その効果等を紐解いてみたいと思います。
是非、参考になさってくださいね。

腸内環境を整えてくれる発酵食品

便秘解消といえば食物繊維が有効ですがが、
発酵食品に含まれる「乳酸菌」も便秘解消に良い結果をもたらします。

乳酸菌を摂ることで腸の中の善玉菌が増え、腸内環境を整えてくれるわけですね。
善玉菌自体の生命力はあまり強くないので、毎日でも摂取することが大事。

では、発酵食品にはどんな食品がある?
まず筆頭にあがるのが「納豆」、そしてヨーグルト
キムチ・酢などのほかにもナチュラルチーズや味噌があります。

いずれも腸内環境を整えて便秘を解消する働きがあるので
積極的に摂りたいところ。

発酵食品は食物繊維と組み合わせることで、より便秘解消効果を発揮
腸内環境を整えることが、慢性的な便秘も改善へと導きます。

便秘に効果的な発酵食品の断トツは「納豆」

納豆

5000億個の乳酸菌が入った生姜シロップ『乳酸ジンジャー』で毎日ポカポカ!

ダイエットには「納豆ご飯」がおすすめ!

白米に納豆を加えることでGI値が「68」にまで下がります。
(白米のご飯を「100」とした指標で)
血糖値の急激な上昇を抑え、普通にご飯を食べるよりも
脂肪の吸収を抑えやすくなり、太りにくくなる んですよ。

ダイエット中には1日1パックの納豆を使った納豆ご飯を

便秘の人は納豆を「」に食べるのがベスト!

※納豆に含まれる栄養素のナットウキナーゼに
血栓を溶かす力があります。
ナットウキナーゼは睡眠中の方が働きやすいんですよ。

納豆は食べる前に冷蔵庫から取り出して
30分ほど常温に置いておくのも重要ポイント!
(腸内環境を整える効果が一層高まります)

ただ、健康に良い納豆ですが注意すべき点もあります!

①卵との組み合わせ この組み合わせが良くないなんて何とも意外。
②熱々ご飯に乗せる これ美味しいですけど食べるなら冷たいご飯で。
③かき混ぜ方が少なすぎる これらは、納豆の効能を弱くする んです 。

納豆を混ぜる回数は多い方が良く、400回程度が理想的。
醤油やカラシは最後に入れましょう。

次いで効果的なのは「ヨーグルト」

ヨーグルト

5000億個の乳酸菌が入った生姜シロップ『乳酸ジンジャー』で毎日ポカポカ!

ヨーグルト
そのまま食べても良いのですが「乾物ヨーグルト」がおすすめ。
乾物ヨーグルトとは文字通り、乾物とヨーグルトを混ぜて食べるのですが、
特にカットした「干し柿」が良い。
便秘解消効果が倍増するんだそうです。

食べること数週間でお通じがあるようになり、更に毎日が快便の効果。

干し柿

乾物のバリエーションとして
ドライフルーツのマンゴーやレーズンを混ぜて食べるのも良いですよ。

ヨーグルトは腸内環境改善に優れた食材。
これに干し柿が加わるって美味しそうですよね。
私も食べてみたくなりました^^

今日も最後までお読みいただき有難うございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。