寒い冬、便秘の解消・改善に役立つ飲み物と食べ物について!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。

冷たい雨降りが続きましたね。実に寒い。

寒いと便秘解消も不調になりがち。
主な原因を挙げれば、水分不足・体の冷え・運動不足・自律神経の乱れ
暴飲暴食といったところ。

今日は、辛い便秘に良い飲み物や食べ物をご紹介しますね。

白湯(さゆ)で身体を暖めて便秘解消対策!

寒い日の便秘解消方法は・・・・

・温かい飲み物を飲む。白湯(さゆ)が絶対的にオススメ。

  冬の便秘対策でのおすすめは、一杯の白湯(さゆ)を飲むこと。

  コップ一杯全部を飲むのがきついなら、飲みきらなくてもOK。
  少しでもいいので取り入れてみましょう。

  コップ1杯の水を飲む習慣がある人もいるかと思いますが、
  冬の水は冷たくて辛いし、体にも負担がかかります。
  それを温かい飲み物にすることで体内も腸も温まって動きやすくなりますよ。

  コーヒーなどは利尿作用があるので好ましくないです。

入浴すること。

  体の冷えを解消し、副交感神経がリラックス
  ⇒腸の動きを活発にする事が出来ます。

・運動をする。これが結構難かしいのですが、
 外に出ずとも腹筋トレーニングなどオススメ。

このようなことに努めて便秘解消を心掛けましょう。

ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル 60錠のご購入は、コチラから

寒い日は「ニラ」たっぷりの鍋物も効果的

もつ鍋

「ニラ」の便秘効果に期待!

ニラは、βカロテン(ビタミンA)、ビタミンB群、C、Eなどの
栄養がバランスよく、豊富に含まれているのが特徴です。

ニラ独特の香りは「硫化アリル」という栄養成分で、
ビタミンB1の吸収を高める効能があります。

ビタミンB群が多い食品には、牛肉や豚肉があり、
ニラ料理でよく知られている“レバニラ炒め”は、
とても理にかなった料理といえるのです。

硫化アリルは、ネギや玉ねぎにも含まれている栄養成分で、
血液をサラサラにして血栓を防ぐ効能があります。

βカロテン(ビタミンA)は、皮膚や粘膜を正常に保ち、
外部からのウィルスの侵入を防ぎ、免疫力を高めます。

ニラは独特の味と香りで漢方薬としても利用されているんですよ。
冷え性の緩和、整腸作用、疲労回復に効果的。
ニラの食物繊維は腸を活性化して便通を促すので
食べる下剤」とも呼ばれています。

<主な効能>

スタミナ増強 便秘 下痢 腹痛 胸やけ 
冷え症 貧血 つわり 鼻血 打ち身 痔

寒い日は湯豆腐食べて便秘解消・改善

湯豆腐

豆腐はヘルシーな健康食品として有名で
豆腐ダイエットという置き換えダイエットもありますね。
また、便秘に効果的なんですよ。

・豆腐には「オリゴ糖」が含まれています。
・豆類全般「不溶性食物繊維」が豊富です。

豆腐の食べ方に気を付けないと逆効果に!
豆腐で便秘になんていう意見もありますが、
これは、豆腐に含まれる不溶性食物繊維の摂り過ぎ でしょう。
まぁ、摂り過ぎるほど食べないでしょうけどね^^

ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル 60錠のご購入は、コチラから

とろろ芋・納豆入り釜玉うどんも良いです

釜玉うどんも

冷凍うどんがあったので釜玉うどん を作りました。
トッピングは、とろろ芋・納豆・青ネギ・削り節、そして卵。
醤油で食べますが、これが実に旨い^^

気の向くままに「便秘 麺類」とワードを入れて調べてみました。

お腹の調子が悪いときにはラーメンやパスタ控えた方が良いようです。

では、何ならいいの?

それは「うどん」です!!

まず、うどんは消化に良い麺類であるということ。
便秘中にもおすすめです。
特に軟らかく煮こんだうどんは胃腸にとても優しいです。
 (天ぷらとか乗っていない方が好ましいですね)

ビオフェルミン ぽっこり整腸チュアブル 60錠のご購入は、コチラから

うどんが便秘に良い理由・・・

便秘は体内の水分が足りていなくて起こることが多いです。
しかしうどんには水分が含まれているので、適量の水分を摂れることで
便秘が解消されやすくなります。
 (便秘で疲れた胃腸には負担のかかる食べ物は
   良くありません)

うどんは胃腸を休ませることができます。
これは蠕動運動が活発となることにつながります。
安くて美味しくて体にとって嬉しいメリットのあるうどん。

是非便秘の際にはうどんを食べてみてはいかがでしょうか^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。