ヨーグルト

便秘解消・改善に良いヨーグルトのベストの食べ方等を徹底ガイド!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。

便秘解消・改善で積極的に食べたい発酵食品。
中でも納豆と並んでオススメしたいのが「ヨーグルト」。

でもその適した食べ方って案外解らないですよね。
今日は、すぐに役立つヨーグルトの食べ方等のご紹介です。

手作りヨーグルトについても触れていますので読んでくださいね。

ヨーグルトの食べ方等すぐに役立つ情報

〇ヨーグルトは市販のどの商品でも乳酸菌効果は同じ!
  ヨーグルトの定義として、1ml・1gに生きた乳酸菌1000万個以上あること。
  スーパーで売られている品はコレをクリヤーしているのでご安心を。

〇ヨーグルトの乳酸菌は「室温」で増える!
  朝食べる場合は寝る前に冷蔵庫から出してテーブルの上などに置いて室温で。
  自宅の器の場合はラップをかけて。

温かい食べ物にヨーグルトをかけると乳酸菌が活性化する!
  温かいカレーにかけて混ぜて食べる。
  りんごヨーグルト・・・スライスしたりんごにヨーグルトをかけ
  レンジで40秒ほどチンする(700wの場合で)。そして混ぜて食べる。
  りんごは皮付きのままだとポリフェノールも摂れるが消毒には少し注意かな。
  ヨーグルトは40℃くらいが適温(50℃に至ると乳酸菌は死んでしまう)

〇ヨーグルトには「オリゴ糖」をかけると良い!
  オリゴ糖は善玉菌のエサになるので。

〇甘いものより辛い食べ物が腸内環境改善に良い。
  ショウガ・唐辛子・スパイス(カレーなども良いことに)。

〇同じヨーグルトを2週間ほど食べ続ける。
  これで便の状態が良くなれば自分に合ったヨーグルトということに。

善玉菌がどんどん増えて、免疫アップ・肥満解消・美肌効果

どうぞ、あなたのご参考になさってくださいね^^

カスピ海ヨーグルトも作れるトプラン ヨーグルトファクトリーのご購入はコチラから

便秘に良いヨーグルトを食べるベストタイミング

ヨーグルト
乳酸菌というと真っ先に浮かぶのがヨーグルト
そのより効果的な食べ方をまとめてみました。

・ヨーグルトは食後に食べるのがベター!

  朝食前とかはダメ!
  空腹状態の胃は胃酸がたくさん出ているので
  その状態でヨーグルトを食べると乳酸菌が胃酸によって
  死んでしまうとのこと=効果が弱まる。
  (乳酸菌の死骸、これはこれで役に立つそうです)

・特に夕食後に食べるのがベスト!

  朝食後や昼食後でも良いのですが、特に便秘解消のためにも
  夕食後に食べるのが良い。腸のぜん動運動が活発になるようだ。
  摂取量のおすすめは、100グラム程度を毎日欠かさず食べること。

・食物繊維と一緒に食べると良い→果物では生よりドライフルーツが最強!

ヨーグルト以外の乳酸菌を食べる最強の食べ方。

納豆・キムチ・チーズの組み合わせがいいですね。
器の温かいご飯の上チーズを乗せ、更に納豆・キムチも入れて混ぜて食べる。

ヨーグルトは夕食後が最強」と覚えておきましょう。

ヨーグルトが簡単で楽しく作れるヨーグルトメーカー

ヨーグルトメーカー

カスピ海ヨーグルトも作れるトプラン ヨーグルトファクトリーのご購入はコチラから

便秘解消目的でヨーグルトを日々摂っている方も多いと思います。
以前私が凝っていたのが、牛乳・R-1ヨーグルトを材料として
ヨーグルトメーカーで作るというもの。

成分無調整の牛乳1000mlにタネ菌のR-1ヨーグルトを入れ
器具で保温すること10時間(夜9時にセットしました)。
 牛乳パックは横にしてレンジで少々温めると良い。

朝になって楽しみに見てみるとヨーグルトができています

この器具を使うメリットは、
牛乳でヨーグルトが作れるので何といっても「経済的」。
=人気ヨーグルトが品薄でも対応しやすいことです。

今日も最後までお読みいただき有難うございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。