便秘

便秘の定義&ストレスからくる「けいれん性便秘」は簡単呼吸法で解決します

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。

かなり寒くなってきましたね。
寒くなってきますとお通じも不調になりがち。
一層、規則正しい生活が大事になってきます。

さて今日は、便秘の定義とストレスによって起こる「けいれん性便秘」、
そしてその解決法もご案内しますね。

そもそも便秘の定義って?

排便が毎日、2日置き、3日置きなど、排便のペースは人それぞれです。
しかし、排便があっても便の様子によっては便秘と判断される場合もあるとのこと。

「黒モリモリスリム」5日間お試し380円(税込)>>詳しくはこちら

何日出ないと便秘っていうんだろう?

私の場合はまだまだ好不調の波があって平均的には二日に一回の排便。
黒めで硬い便の時、量も色も良くすんなり出ることもあります。

便秘の定義って言いましてもいろいろあるようです。

日本内科学会では、
‟自分の感覚も判断の基準として重要とされています。
日本内科学会では「3日以上排便がない状態、
または毎日排便があっても残便感がある状態」とされています。
重要なのは、何日間便が出ていないかではなく、
「残便感や苦痛を感じるか」だといえる”と定義。

便秘の改善ということを考えると、適切に食物繊維を摂ること。
早寝早起き をする。簡単な運動を行う等々、
結局一個人にできることは「健康な生活を送る」ということになりますね。

けいれんせい便秘の特徴について

ストレス

「黒モリモリスリム」5日間お試し380円(税込)>>詳しくはこちら

便秘には「弛緩(しかん)性便秘」と「痙攣(けいれん) 性便秘」と
タイプがあることはご存じの方も多いのではないでしょうか。

・弛緩性便秘・・・デスクワークの人、運動不足の人、
          高齢の方などに多くみられます。

・けいれん性便秘・・・職場、家庭などでストレスを持っている人に多い。

痙攣性(けいれんせい)便秘

下記の項目に該当することが多い場合に可能性あり

・便秘と下痢を繰り返す
・下腹部が痛くなる
・緊張するとお腹が痛くなる
・場所が変わると便秘になる
・便意を感じても少ししか便がでない、残便感がある

【痙攣性便秘の対策3つ】

・野菜より海藻を食べるようにする
(水溶性の食物繊維を増やし、不溶性の食物繊維を減らす)
・寝る前にホットミルクを飲む
・お腹を温める

それ以外のタイプとして「直腸(ちょくちょう)性便秘」があります。

朝トイレにいく時間がない、職場のトイレを使うのが恥ずかしい、
という方などに多い。

けいれん性便秘の解消には簡単呼吸法が有効

呼吸法

けいれん性便秘に該当するかどうかは、

・出る便はコロコロ便であること
・環境が変わると便秘になってしまう の二点が目安。

ストレスを受けると便の通り道である腸が閉じてしまいます。
それが簡単呼吸法効果で開いて便秘が解消するわけです。

呼吸法のやり方は、2秒息を吸って5秒吐く というものです。
息を吐く動作でリラックスするんですよね。

便秘で悩むと何とか出したいとそのことで頭がいっぱいになります。
そう思った際にその考えを捨てて、呼吸法をやるのがポイント!

10日も、時には一か月もお通じがない方が、
早い人では一時間後に便通があったという例もあります。
頑固な便秘だったのにお通じがあれば嬉しいですよね。

あなたも出そう・出したいと固執せずに、
そんな時は「簡単呼吸法」をやってみてはいかがでしょうか。
良い結果が得られるかもしれませんよ^^

今日も最後までお読みいただき有難うございました。





翌朝スッキリで噂の美容健康茶『黒モリモリスリム』お試し
想像以上のスッキリ感に ツ マ リ 主 婦 大 絶 賛 !
「何を試してもイマイチ・・・」 お悩みだった方も、たった一杯のお茶で?
↓↓↓↓↓詳しくはこちら↓↓↓↓↓
「黒モリモリスリム」5日間お試し380円(税込)>>詳しくはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。