便秘解消を図り腸内フローラ改善で痩せ体質を作ることができます!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。

数日前から少し風邪気味なことと昨日は調べごとに追われたので
ブログ等の作業は全面的にお休みにしました。
お通じはまずまず好調です。

さて、今更ながらですが、
お通じが好調で続けば痩せるのかなという疑問を抱きました。
パソコンで調べた結果、なるほどと納得のゆく答えに至りましたよ
今日は、そんなことと腸内フローラ改善についてのお話です。

便が出れば痩せると思っていました

つい最近まで肥満と便秘に良いという漢方薬を飲んでいましたが、
止めることにしました。

三か月近く飲み続けたのですが、ダイエットに効果が得られなくて。
この間、便通はすごく好調で出なかったのはたった五日だけ。
起床後すぐのことが多く、便の色・形もよく量も多めで申し分なかったです。
まぁこのお薬を「便秘薬」と捉えれば、出て当然ではあるのかなとも思います。
でも、出るって気分いいですね^^

しかしながら毎日出ているのに何で痩せないんだろうという疑問がわいた訳です。
でもちょっと調べたことで認識不足がすぐに解って一応の結論は出ました。

お通じが良いからといって、体重が減って痩せるわけではない」とのこと。

“うーん、なるほど”と思わず納得。でも残念な気もしますw
なかなかうまくゆかないものですね。

でも便が出ることはいいことで
便秘を解消する=腸内環境を改善は、太りにくく痩せやすい身体作り につながります。
便秘解消の努力はダイエットに効果的ということです。

5000億個の乳酸菌が入った生姜シロップ『乳酸ジンジャー』で毎日ポカポカ!

腸内フローラを改善して痩せ体質を作ろう

腸内フローラ

便をたくさん出せば体重が減って痩せるということではないのですが、
毎日いい便を出して、腸内環境を改善することで痩せ体質を作れます。

腸内フローラを改善するには 「助っ人食材+エサ食材」を摂ることが重要となります。
助っ人にエサ、初めて耳にする方も多いかと思います。

・「助っ人食材」とは・・・

ヨーグルトやチーズ、納豆などの≪≫を豊富に含む食品のことを指します。

最近、注目・話題の「発酵食品」とお考え頂ければ分かりやすいかもですね。
他には、塩麹・甘酒・乳酸菌飲料・ピクルス・味噌・キムチなども該当します。

ヨーグルト

・一方の「エサ食材」とは・・・

上に書いた≪菌≫のエサになる食材のことを指して、

(食物繊維)大根・にんじん・山芋・さつまいも・海藻・キノコ・こんにゃく

(オリゴ糖)ごぼう・アスパラ・大豆・ハチミツ
      玉ねぎ・とうもろこし・バナナ・リンゴなどのこと。

善玉菌のエサは(食物繊維やオリゴ糖)
善玉菌の助っ人は(乳酸菌、ビフィズス菌など)
どちらかが不足しても腸内フローラは改善しない というから
これらの摂取を日頃から心掛けましょう。

食物繊維については「水溶性食物繊維」がポイント!。
昆布、わかめ、こんにゃく、里芋などです。
また納豆やおくらなどのネバネバ系にも含まれていますよ。

これらの摂取もやはり「続けること」がとても大事です!

5000億個の乳酸菌が入った生姜シロップ『乳酸ジンジャー』で毎日ポカポカ!

腸内環境が整う期間ってどのくらいかかるか

最近はテレビ等でで「腸内環境・腸内フローラ」について
取り上げられることが多いですよね。

私だけでなく皆さんも「どのくらいの期間で整うの?」という疑問を抱き
知りたいところと思います。
調べてみると下記のようなことが解りました。

“・腸内環境が整い腸年齢が若返るまでにかかる期間は10年

 ・便秘や下痢症の改善は比較的早く概ね3ヶ月”とのこと。 

10年はあまりにも長く気が遠くなりますが、
便秘改善は約3ヶ月ということですから少しは希望が持てますね。

あくまでもご参考程度ですが、腸内フローラチェック法を書いておきます。

“腸内フローラチェック法

 ・3日以上お通じがないことがある
 ・お通じの時間はバラバラ
 ・お通じに3分以上かかる
 ・やわらかい便がよくでる

 1つでも当てはまったら注意!”だそうですが
あまり一喜一憂せずに便秘改善に努めましょう。

5000億個の乳酸菌が入った生姜シロップ『乳酸ジンジャー』で毎日ポカポカ!

<おすすめ食材豆知識>

リンゴ

エサ食材の中に登場した「リンゴ」が特にいいですよ。

悪玉菌が優勢の腸内フローラになると、更にに便秘が悪化するという悪循環に。
そんな乱れた腸内フローラのバランスを整える には、
「リンゴ」がとっても効果的です(イチジクも良い)

リンゴは、ペクチンなどの水溶性食物繊維がとても豊富。
普段からリンゴを食べると、善玉菌が増えて悪玉菌が減るそうです。

そして腸内に住み着いているビフィズス菌を増やす働きもあります。
このようにリンゴは腸内フローラを整える優秀なフルーツなんですね。

今の時期、リンゴはたくさん出回っていますから、
積極的に食べるようにすると便秘に良いですよ^^
皮の部分も栄養たっぷり なのでお忘れなく!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。