便秘解消、腸内フローラの改善で痩せ体質を作ることができます!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。

ちょっといい天気の日があったと思うとまた崩れる。
安定した青空が見たいものです。

今日は便秘の解消が即痩せることができるかという疑問の回答と
腸内フローラ改善についてお話したいと思います。

私自身も勘違いしていたことなので、是非お読みくださいね。

快便なら痩せると思い込んでいませんか?

漢方薬・生漢煎防風通聖散(しょうかんせんぼうふうつうしょうさん)を
飲んで二か月を超えました。どうにも体重が思うように落ちません。

便秘は解消されていて出なかったのはたった五日だけと好調です。
起床後すぐの便通が多いのが何とも嬉しい。
便の色・形もよく量も多めで申し分ないんですよ。

初回半額<生漢煎防風通聖散>

快便

こんなに快便で毎日出ているのに何で痩せないんだろうという疑問を抱いていました。
でもちょっと調べたことで勘違い・認識不足がすぐに判明。

お通じが良い=体重が減って痩せるわけではない」んだそうです。

“なぁーんだ、そうなのか”と思わず納得。でも残念な思いも正直ありますw

(Yahoo!知恵袋でもこんな記述が)

便を出せば痩せると思っている人って案外多いですよね?
確かに、排便後には多少出した分は軽くなるでしょうが、
根本的に快便=痩せるにはつながりませんよ。
多くのダイエットサプリメントなんかにも
便を出す効果のあるものが多いですが、
あれって余り痩せるとは関係ないよね…。
過度の便秘症で便が溜まってる方には向いてるかもしれないですけど。

でも便通が良いことは全く痩せないかというとそうでもなく
便秘を解消する=腸内環境を改善することは、
  太りにくく痩せやすい身体作りになる」とか(ちょっと安心^^

そこで腸内フローラを改善して痩せ体質を!

腸内フローラ

快便が続けば体重が減って痩せるわけではないのですが、
毎日いい便を出して、腸内環境を改善することで痩せ体質を作れるとのこと。

腸内フローラの改善には「助っ人食材+エサ食材」を摂ることが大切。
助っ人にエサって聞いたことない言葉ですよね^^

【ファンケル】1食分のケール青汁(10日分セット)

「助っ人食材」とは何か・・・

ヨーグルトやチーズ、納豆などの≪菌≫を豊富に含む食品のことを指します。

今人気の「発酵食品」とお考えいただければ良いと思います。

他には、塩麹・甘酒・乳酸菌飲料・ピクルス・味噌・キムチなどですね。

一方の「エサ食材」とは・・・

上記の≪菌≫のエサになる食材のことで、

食物繊維)大根・にんじん・山芋・さつまいも・海藻・キノコ・こんにゃく

オリゴ糖)ごぼう・アスパラ・大豆・ハチミツ
      玉ねぎ・とうもろこし・バナナ・リンゴなどです。

善玉菌のエサは(食物繊維やオリゴ糖)
善玉菌の助っ人は(乳酸菌、ビフィズス菌など)
いずれかが不足していると腸内フローラは改善しないというから意識して摂りたいものです。

食物繊維については「水溶性食物繊維」が重要となってきます。
昆布、わかめ、こんにゃく、里芋などに含まれますね。
また納豆やおくらなどのネバネバ系にも含まれています。

これらの摂取についてもやはり「続けること」が大事です!

皆さんが知りたい腸内環境が整う期間って?

テレビで「腸内環境・腸内フローラ」について取り上げられることが多いですが、
単純に「どのくらいの期間で整うの?」という疑問が湧きますよね。
調べてみると下記のようなことが解りました。

“・腸内環境が整い腸年齢が若返るまでにかかる期間は10年

 ・便秘や下痢症の改善は比較的早く概ね3ヶ月”とのこと。 

10年はあまりにも長いですが便秘改善は約3ヶ月ということですから
何とかなりそうと思いませんか。

こんなことも・・・・

簡単・腸内フローラチェック法

 ・3日以上お通じがないことがある
 ・お通じの時間はバラバラ
 ・お通じに3分以上かかる
 ・やわらかい便がよくでる

 1つでも当てはまったら注意!”だそうです。

該当する点があってもくじけずに便秘改善に努めましょうね。

【ファンケル】1食分のケール青汁(10日分セット)

腸内フローラのバランスには「リンゴ」がいい!

りんご

これから寒くなってくると腸内環境は乱れがちになります。
腸もリズムを持っているので、
その動きが乱れると便秘になったり、下痢になったりと大変。

悪玉菌が優勢の腸内フローラになると便秘は一層悪化。
悪循環に陥ってしまいます。
そんな乱れた腸内フローラのバランスを整えるには、
リンゴ」がとってもいいそうです(イチジクも良い)
リンゴは、ペクチンなどの水溶性食物繊維がとても豊富。
日常的にリンゴを食べると、善玉菌が増えて悪玉菌が減るそうです。

【ファンケル】1食分のケール青汁(10日分セット)

更に腸内に住み着いているビフィズス菌を増やす働きもあります。
このようにリンゴは腸内フローラを整える優秀なフルーツです。
積極的に食べるようにすると便秘に良いというから心がけるべき。
皮の部分も栄養たっぷりなので食べるようにしましょうね。
(消毒が気になるならよく洗ってから)

今日も最後までお読みいただき有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。