便秘解消・改善!主な5つの原因を知ってその簡単対策を実行する!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

こんにちは。

今日は便秘の主な5つの原因を挙げてその対策もご紹介しますね。
辛い便秘にきっと役立ちますから、できるところから対処しましょう。

便秘の主な原因は、以下の5つが挙げられます。

1.水分不足

水分が不足すると便が固くなり
便秘を引き起こしやすくなります。

一日になるべく多くの白湯(さゆ)を飲む習慣を!
(コーヒーなどの利尿作用があるものはアウト)

1日の摂取量としては、毎日1.5~2リットルが目安

飲んだ水が腸に届く量は、飲んだ量のわずか10%。
意外に吸収量は少ないので、1日の摂取量を意識することが大事。
ただし、水中毒の危険もはらむので過剰摂取には要注意です。

2.食物繊維の不足

便が固めで出にくい場合・・・
食物繊維でも海藻類や果実類、こんにゃく等に多い
水溶性食物繊維”は、
便を軟らかくしてくれる効果が期待できます。

一方、野菜類やきのこ類、種実類、いも類、穀類、豆類等に
多く含まれている“不溶性食物繊維”は、
便の量を増加させて腸を刺激し、動きを良くする効果が
期待できます。

頑固な便秘の方は(重症の方)、不溶性食物繊維を多く含む食材を
摂りすぎないように注意しましょう。

3.腸内環境の悪化

腸内環境
腸内環境を整える方法で最も重要なことは、
腸内での善玉菌の割合を多く保つことです。
腸の状態が良くなると悪玉菌は棲みづらくなります。
逆にに善玉菌は快適に働けるようになります。
善玉菌を増やして、腸内環境を改善していくことが大事なんです。

腸内環境を整えるサプリの活用も良いでしょう。
キムチやヨーグルトなどの発酵食品も良いですね。

腸内環境を整える方法を考える時に、
「腸そのものを整える生活習慣」ということも大切。
適度な運動や十分な睡眠時間、朝食を抜かないことなどがポイントですね。

4,運動不足

便秘解消には、適度な運動を取り入れることが大切ですが、
あまりに激しい運動では疲労やストレスを蓄積させてしまうため
逆効果になることもあり得ます。

運動というとウォーキングが真っ先に思い浮かびますが、
NHKの体操など取り入れるのも良い方法です。

・ウォーキング、ジョギング 
有酸素運動は副交感神経のリズムを整え、
蠕動(ぜんどう)運動を活発にするという嬉しい効果があります。
運動量の目安としては毎日20~30分ほど。
忙しくてその時間が取れないという方は、
通勤の時間を歩くとか、
主婦の方はスーパーの行き来を歩くのも良い方法です。

ウォーキング

・ストレッチ
ストレッチによって、腸を刺激することになります。
特にお腹と腰のストレッチ、股関節のストレッチを中心に!

・腹 筋
腰をひねる運動や、階段の上り下りなどで腹筋を鍛える。
腸を外側から刺激することによって蠕動運動が活発になりますよ。

・ドローイン
息を吐きながらお腹を大きくへこませて行う、
誰でも手軽に取組める便秘解消運動のひとつの方法です

5.ストレス

ストレスが少ないのは副交感神経が優位にある状態です。
便秘にはストレスも大いに関係しています。
お通じを感じる時は、この副交感神経が優位の状態。
夜寝るまでに入浴でリラックスを図るのがお手軽です。

便秘薬は飲むのは簡単。
でもこちらはなるべく頼らないようにしましょう。

<まとめ>

便秘の主な5つの原因
1.水分不足
2.食物繊維の不足
3.腸内環境の悪化
4,運動不足
5.ストレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。