季節の変わり目は「自律神経」が乱れて便秘になりがち&甘酒の効能!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

季節の変わり目と便秘について

便秘の主な原因のひとつはストレス
そのストレスは季節の変わり目は敏感になります。
敏感な時期は少しのことでもストレスとなり便秘に到ります。

腸内環境に目を向けることは大切で季節の変わり目は
特に腸内環境を整えることが不可欠になります。
なるべくストレスを受けずに生活することがポイント。

季節の変わり目は「自律神経」が乱れがち

(自律神経は、リラックス効果の働きがある「副交感神経」と、
体が緊張する「交感神経」のバランスによって成り立っています)

こんな時期は「交感神経」が優位になってしまいます。

緊張状態では腸内環境も悪くなり、便を押し出す力も弱まるのです。

(私などは性格自体がストレスを受けやすいのですが、
早朝から夜7時くらいまで仕事でパソコンをつついていますから
一日のほとんどが緊張状態なんです)

便秘解消には「副交感神経」が優位になることが大事
副交感神経が働くごとに腸内環境が整います。

便秘ストレス

ポイントは「睡眠」「食事」「運動」

まずは一層「規則正しい生活」を送るべし。
こうすることで季節の影響を受けずに済みます。

規則正しい生活の3つのポイントは「睡眠」「食事」「運動」

睡眠・・・良い睡眠だと腸内環境が整います。
     最低7時間はとりたいところ。

食事・・・和食中心で野菜を多めに摂ると良い。

運動・・・ストレッチやウォーキングなど、軽めの運動で充分。
     新陳代謝がアップします。

便秘の調子が悪いのは季節の変わり目が関係ありと自覚し、
その対処を適切に行ってゆきましょうね。

美味しい甘酒は便秘解消に有効です

便秘・甘酒

甘酒が大好きな私。
熱いものも冷えたものも好きなんです。
主に冬に飲みますが、最近では季節に関係なく
スーパーに置いてありますよね。
その甘酒が便秘に有効となると放ってはおけません^^

甘酒のすばらしい効能

甘酒の主な効能を挙げると・・・

便秘を解消し、血液中の中性脂肪やコレステロールを減らす

・健康な筋肉と内臓を作る

・美容効果 などがあります。

甘酒の便秘効果は、
豊富に含まれる食物繊維に依るものです。
りんごが1.5gなのでおよそ3.5倍にもなるそうです。
食物繊維は腸の中の善玉菌を増やす働きがあるので、
腸内環境を改善してくれます

便秘改善も意識しながら飲んでみてはいかがですか^^

<ご参考>米麹と酒粕の甘酒の違いについて

米糀

甘酒には米麹から作られたものと酒粕から作られたものの2種類あります。
原料や製造過程が違うので、飲んだ時の効果や効能も異なってきます。
よく「飲む点滴」と言われるのは米麹の甘酒です。

麹菌による醗酵の際、お米のでんぷんはブドウ糖オリゴ糖に変換されます。
疲労回復にとっても効果的なので「飲む点滴」と言われる訳ですね。

酒粕の甘酒は酵母醗酵の段階でブドウ糖アルコールになるので、
疲労回復効果はあまり望めません。
でも、たんぱく質や炭水化物・食物繊維・ミネラルなどの栄養素が豊富なんですよ。

効能については米麹の甘酒はダイエットに、
酒粕の甘酒は美容向き と考えて良いと思います。

米麹の甘酒は醗酵によって糖が作られるから
加糖をしなくても自然な甘み があります!
カロリーは控えめ ということになりますね。

一方の酒粕の甘酒は糖が含まれていないので、
砂糖を入れて甘くして飲みます。。
砂糖を入れて加糖した分カロリーが高め になり、
ダイエット向きとは言えないのです。

ブドウ糖は満腹感を、オリゴ糖は腸を整えて便秘を改善してくれます。

以上のことから、「米麹の甘酒はダイエットにいい」となります。

美肌・美白には酒粕の甘酒が効果的ですから、こちらも捨てがたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。