便秘解消の強い味方!さつまいもやイモ類全般は食物繊維が多く含む!

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

食欲の秋で、いろんな食べ物が美味しい時期ですね。
スーパー店頭での焼き芋、生のさつまいもの陳列も目立っています。
ほかほか・ほくほくの焼き芋は、私も大好きです。
今日は、そんな「さつまいも」の話題です。

イモ類全般・食物繊維が豊富で便秘に良い

さつまいもというと、昔から便秘に効く食べ物として有名ですが、
実はさつまいもだけでなく、イモ類は全般・食物繊維が豊富に含まれていて、
便秘解消・予防に良いようです。

イモ類に含まれる食物繊維は主に不溶性食物繊維であり、消化されずに腸に届き、
便量を増し、腸を刺激して蠕動運動を活発にしてくれます。
また、さつまいもを食べる時によくわかるあの繊維のスジが、
腸を刺激したり、老廃物などの有害物質を絡め取って、便と共に排出してくれるとのこと。

食物繊維の豊富さは、イモ類の中でさつまいもが群を抜いています。

不溶性と水溶性の食物繊維は2:1のバランスで

食物繊維

食物繊維の不足は、便秘を引き起こす大きな原因の1つです。
食事は毎日すること。
・・・となれば、食物繊維を豊富に含む食べものを摂って、
便秘になりにくい腸内環境を作りましょう。

食物繊維には、腸の動きを活発にする「不溶性食物繊維」と、
腸内の善玉菌を増やしてくれる「水溶性食物繊維」があることは
ご存知のことと思います。

・不溶性食物繊維、水溶性食物繊維の両方を含む食べもの
 きのこ類、納豆、ゴボウ、オクラ、ドライフルーツなど

・不溶性食物繊維を多く含む食べもの
 穀類、野菜、豆類、未熟な果物、野菜ごぼう、きくいも

・水溶性食物繊維を豊富に含む食べもの
 大麦、オーツ、こんにゃく、モロヘイヤ・長芋
 キャベツや大根、ワカメやコンブなど海藻
 水溶性食物繊維は水に溶け出しやすい性質を持つため、
  野菜を水にさらし過ぎは要注意。

両者を摂る理想的なバランスは不溶性2:水溶性1です。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を含む食べものを
  一緒に摂ると便秘が解消されやすくなります。

さつまいもの効果効能

整腸作用、便秘の改善、免疫力向上、生活習慣病の予防、

疲労回復、美肌効果、高血圧の予防改善

でも、さつまいもと同様にビタミンCが豊富なじゃがいも、
ヌメリのある山芋や里芋には、食物繊維の他にムチンという成分があります。
これらは腸内環境を整えることに大いに役立ちます。
このように便秘解消に大活躍のイモ類です!
(ただし、どんなものでも摂り過ぎは逆効果になりますので注意を)

焼き芋

便秘解消に「さつまいも」。冷やすとパワーアップ!

さつまいものイメージは、「炭水化物(糖質)が多そう」という感じで
ダイエット中は控えた方がいいと思いますよね。
でも、さつまいもは芋類の中でも血糖値の上昇スピードがゆるやかなんです。
血糖値が急上昇すると、脂肪を溜め込んでしまう。
その点、さつまいものこのような作用は嬉しい限りですね。

カロリーについては、100gあたり130kcal程度で、パンやご飯、
甘いお菓子などに比べて低カロリーです。

さつまいもに含まれる食物繊維の量やバランスでは、
じゃがいもと比べると約2倍近くもあります。
しかも、腸内環境を改善する「水溶性食物繊維」と、腸を刺激して排便を促す「不溶性食物繊維」、
この2種類がどちらもバランスよく含まれている というから助かる。

さて、「冷やすとパワーアップ」ですが・・・・

加熱した後に一度冷やしてから食べると、でんぷんがレジスタントスターチに変化。
これは、消化されないでんぷんという意味で、糖質でありながらも、
食物繊維と同じような効果が期待ができると言われています。

焼き芋というとお悩みとして発生しやすいガス(おなら)のこと。
」ごと食べるとそれが少なくなるとテレビで言っていました。
皮には栄養がたっぷりで美容成分豊富。食べなきゃ損ですよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。